あかすりで膝の黒ずみは治りません!

膝,黒ずみ,あかすり

 

一時期話題になったあかすり美容法ですが、膝の黒ずみに使ってみようとしている人は今すぐやめましょう。

 

たしかに、あかすりには色々な美容効果がありますが、残念ながら膝の黒ずみを治す力はありません。

 

それどころか、逆に膝の黒ずみを濃くしてしまう可能性すらあるのです。

 

この記事では、あかすりで膝の黒ずみをケアするとどうして逆に黒ずんでしまうのか、膝の黒ずみを正しく治す方法は何なのかを解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

あかすりは名前の通り「垢を擦る」もの

膝,黒ずみ,あかすり

 

あかすりはあかすり専用のタオルなどでゴシゴシするのが一般的です。

 

その時の摩擦によって垢を落とし、キレイな肌を目指します。

 

これによって古い角質が取れるので、使った部分がツルツルになり、黒ずみやくすみが取れますよ〜と言われることがあるので、膝の黒ずみにあかすりを使ってみようとする人が出てきてしまうのですね。

 

でも、あかすりで落ちるのは肌の表面にある垢や古い角質だけで、膝の黒ずみを形作っている「メラニン」は落とせません。

 

膝の黒ずみはメラニンでできている

膝,黒ずみ,あかすり

 

この図は膝の黒ずみを拡大した図です。

 

あかすりで落とせるのはほんの表面だけで、奥の方の黒ずみまでは届きません。

 

それだけならまだしも、あかすりの摩擦によって新しい黒ずみ(メラニン)が作られ、余計に黒ずみが濃くなってしまいます。

 

膝の黒ずみはあかすりの摩擦でさらに濃くなる

膝,黒ずみ,あかすり

 

膝の黒ずみがどうしてできてしまうかご存知ですか?

 

私の場合で言えば、

  • 子育て中の膝立ち
  • 正座
  • 紫外線
  • 足を組む癖
  • スキニーなどのぱつっとしたパンツをはくことが多い

などが当てはまりますが、これらはすべて膝に刺激を与えてしまっています。

 

膝に摩擦や刺激が来ると、その刺激から膝を守るためにメラニンを作って膝を守ろうとします。これが膝に黒ずみができてしまう理由です。

 

つまりあかすりのような刺激は膝を余計に黒ずませる

 

あかすりはゴシゴシするためのものですから、それで膝を擦ってしまえば相当な摩擦が起きて膝の黒ずみがよけいに濃くなるのは明白です。

 

治らないだけならまだしも、よけいに濃くなってしまうのだから、絶対にやめた方が良いです!

あかすりは黒ずみケアじゃなくてツルツルケアだけに使う

例えば、足の甲やくるぶしがガサガサしているという場合には使ってみると良いと思います。

 

膝と足の甲やくるぶしを比べると、表面がだいぶ違いますよね。

 

膝の黒ずみのようにガサガサしていない黒ずみには表面のケアが必要ないので、肌の奥を優しくケアしてあげる必要があります。

 

膝の黒ずみにはあかすりじゃなくて美白成分を届けよう

  • 膝の黒ずみは刺激から肌を守るために作られたメラニンである
  • あかすりは摩擦が強いから黒ずみが濃くなる

この2つをいっぺんに解決できるのが、美白成分の入ったクリームを塗るだけというケア方法です。

 

メラニンは顔にできるシミと同じものなのでシミと同じく美白ケアが良く、クリームなら摩擦が起きる心配もありません。

 

また、私のような子育て中のママであれば子どもとお風呂に入って毎日あかすりをするより、お風呂上りにクリームを塗るだけなのでとても簡単です。

 

私はアットベリーという黒ずみクリームを使って膝の黒ずみをケアしました

膝,黒ずみ,あかすり

 

じゃあどんなクリームが良いの?というところなんですが、私はアットベリーというクリームを選びました。

 

こういうクリームって20種類くらいあるんですが、私が比較した中では口コミも多くて、なによりコスパが良い点も選んだ理由です。

 

例えば膝の黒ずみに人気のラスターは定期購入で4回継続がお約束なので約20000円かかります。。

 

アットベリーなら2回で良いし、8000円ちょっとなので半分以下。

 

しかも60g入っているので実際は1つで2ヵ月使えて、定期購入すると約4ヵ月使うことができます。

 

8000円で4ヵ月なら1ヵ月2000円だし、そんなに負担じゃないなって思ったんですよね♪

 

脇の黒ずみクリームとして人気のアットベリーですが、膝の黒ずみにもばっちり使えました。

 

あと、肌に合わなかったとかがあれば返金してくれるので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。

 

今だけ初回45%OFF!膝の黒ずみをアットベリーでケアする