膝の黒ずみケアに重曹を使うのはやめた方が良い

膝,黒ずみ,重曹,ケア

 

膝の黒ずみをケアする方法を探していると「重曹」を使った方法が紹介されていることがあります。

 

確かに、重曹を使った美容法は、かかとのガサガサやちょっとしたスクラブとしても使えるのでとても便利です。重曹自体もお安いので、かなりコスパも良いですよね。

 

しかし、重曹を膝の黒ずみに使うことは全くおすすめできません

 

膝の黒ずみが治らないどころか、逆に黒ずんでしまうこともあるからです…。

 

この記事では、膝の黒ずみに重曹が使えない理由と、正しい膝の黒ずみケア方法を解説していくので、今まさに重曹でヒザの黒ずみを治そうとしている人はぜひ読んでおいてください。

 

一般的に言われている、重曹での膝の黒ずみケア

膝,黒ずみ,重曹,ケア

 

まずは多くのサイトで言われている重曹を使った膝の黒ずみケア方法を書いていきます。

☆用意するもの

  • 重曹
  • 石鹸やボディソープ
  • 保湿するもの(ワセリンやボディークリーム)

☆重曹を使った膝の黒ずみケア方法

  1. 石鹸やボディソープを泡立てる
  2. そこに重曹を加える
  3. 膝の黒ずみ部分をやさしく洗う
  4. ぬるま湯でしっかり落とす
  5. 水気をふき取って保湿する

以上が重曹を使った膝の黒ずみケア方法です。

 

やり方自体はとても簡単ですよね。

 

重曹で膝の黒ずみが治ると言われている理由

 

一般的に重曹で膝の黒ずみを治せると言われている理由は下記のようです。

  • 重曹のスクラブ効果で古い角質を削るから
  • 膝の毛穴に詰まった汚れを落とすから
  • 重曹のアルカリ性で酸性の汚れを落とすから

 

でも、ハッキリ言わせてください。

 

この程度では膝の黒ずみは治りません!!

 

重曹で膝の黒ずみが治せない理由

  • 重曹のスクラブ効果で古い角質を削っても黒ずみは消えない
  • 膝の毛穴はめったに詰まらない
  • 膝に酸性の汚れなんてない
  • スクラブ効果が逆に刺激になって膝を黒ずませてしまう

 

一般論とは真逆になってしまうのですが、本気で膝の黒ずみを治したくて調べまくった結果、重曹を使うべきではないと感じた理由です。

 

もう少し詳しく解説させてください。

 

重曹のスクラブ効果で古い角質を削っても黒ずみは消えない

 

重曹のスクラブ効果とは、泡立てた石鹸に重曹を入れて膝を洗うときに起こる「摩擦」で古い角質を削ることです。

 

古い角質が落ちれば黒ずみが消えるような気もするのですが、実は膝の黒ずみは古い角質のせいではありません

 

膝,黒ずみ,重曹,ケア

 

この図は膝の黒ずみを拡大した図です。肌の表面ではなくて、奥からずっと続いていることがわかると思います。

 

重曹のスクラブ効果は、あくまで表面だけのケアなので、肌の奥の黒ずみには届きません。

 

そもそもスクラブは肌をツルツルにする効果はあっても、黒ずみを治す効果は期待できないのです。

 

膝の毛穴はめったに詰まらない

 

自分の膝の黒ずみをよく観察してみてください。膝の毛穴が詰まっていますか?

 

少なくとも私は膝の毛穴が詰まった黒ずみではありませんでした

 

重曹で毛穴のケアができるというのは有名な話ですから、もし膝の毛穴が黒ずんでいるようなら試してみる価値はあります。

 

逆に境界線がないようなボヤっとしたくすみのような黒ずみなら、重曹は向いていません。

 

膝に酸性の汚れなんてない

 

重曹がアルカリ性だから酸性の汚れが落とせる、というのも重曹の一般的な効果ですね。

 

しかし、膝に酸性の汚れはありません

 

これは重曹をお掃除に使った場合の効果で、膝は毎日お風呂に入っていれば汚れが溜まる場所ではないです。

 

そもそも皮脂腺が少ない膝は、汗もかきにくいし垢が溜まるような場所でもないんですよね。

 

スクラブ効果が逆に刺激になって膝を黒ずませてしまう

 

最後は、私が膝の黒ずみに重曹をおすすめしない最も重要な理由です。

 

膝の黒ずみはスキニーなどのズボンの擦れ、膝立ち、足組みなどの刺激が原因でできています。

 

スキニーが擦れるだけでできてしまう黒ずみです、これって重曹でスクラブしても黒ずむと思いませんか?

 

もっとわかりやすい例で言うと軽石です。かかとのガサガサをケアできる軽石ですが、ゴツゴツしすぎて刺激が強く、余計に膝に黒ずみを作ってしまいます。

 

軽石よりは刺激が少ないですが、重曹も粒子が大きいのでかなりの摩擦が起きて黒ずみの原因になってしまうのです。

 

実は私も使っていた!重曹を膝の黒ずみに使ってみて感じたデメリット

膝,黒ずみ,重曹,ケア

 

ここまで重曹をおすすめできないと言っておきながら、実は私も膝の黒ずみに重曹を使ってみたことがあります。

 

だからこそ自信をもっておすすめできないと言えるのですが、実際に膝の黒ずみに重曹を使って感じたデメリットを紹介します。

  • 膝の黒ずみは治らなかった
  • むしろひどくなった気がする
  • 連日使うと膝に赤みが出た
  • 子どもとお風呂に入ると重曹ケアなんてする時間がない

メリットは重曹が安いということだけでしょうか。数百円で試せるので金銭面では有難かったですが、全然効果がないなら安くても無駄ですよね。

 

ただ、膝がツルツルになった気はします。色は変わりませんでしたが触り心地は良くなりました。

 

ですから、重曹を全否定するのではなく、あくまで「膝の黒ずみには」使えなかった、というのが私の感想です。

 

逆効果になることも分かったので、膝の黒ずみには重曹をおすすめできないし、これからやってみる人を止めたいとも思いました…。

 

どうしても重曹で膝の黒ずみをケアしたいなら重曹選びに気を付けて

 

ここまで書くと逆にやってみたい、という人がいるかもしれません(!)

 

できればやめてほしいですが、膝の毛穴が黒ずんでいる人や膝のガサガサを治したいという人には使ってみる価値ありですからね。

 

重曹を膝の黒ずみに使う場合は、

  • キメの細かい重曹を選ぶ
  • 使用頻度を1週間に1〜2回にしておく

この2つを守りましょう。

 

使用頻度に関しては膝に黒ずみを作らせないためです。

 

キメに関してですが、重曹には実は3つの種類があります。

  • 薬品用⇒キメが細かく粒子も細かい。値段が高い。
  • 食品用⇒中間
  • 工業用(掃除用)⇒キメが粗く粒子が大きい。値段が安い。

粒子が大きければ大きいほど値段が安いのですが、粒子が大きいと摩擦が大きくなるので膝に黒ずみを作りやすくなってしまいます。

 

ちょっと高いですができれば薬品用、最低でも食品用を選ぶようにしましょう。

 

膝の黒ずみの理想的なケア方法は摩擦などの刺激を与えない方法

 

結局、重曹で膝の黒ずみをケアするのに何が一番ダメかというと、

 

重曹が「粒子」であるために、膝に摩擦をおこしてしまう

 

という点です。

 

じゃあ何が膝の黒ずみをケアする正解なのかというと、美白有効成分を配合したクリームを塗る、というケア方法です。

 

実は膝の黒ずみは、顔にできるシミなどと同じ「メラニン」という色素が原因でできています。

 

このメラニンには重曹でのケアは効果が無く、必要なのはビタミンCやプラセンタと言った美白有効成分なんですね。

 

私はアットベリーというクリームで膝をケアしています

膝,黒ずみ,重曹,ケア

 

単に黒ずみをケアするだけのクリームならニベアや、有名な化粧品ブランドからもいろいろ発売されています。

 

でも私がアットベリーを選んだのは、美白有効成分が入っているのはもちろんのこと、意外とコスパが良くて「におい」のケアもできると言われていたからです。

 

実は私、膝の黒ずみも悩みなんですが、脇の黒ずみとワキのにおいも悩みだったんですよね。。

 

だから膝の黒ずみ・脇の黒ずみ・ワキのにおいを同時にケアできるアットベリーを選んでみたのですが、もうかなり膝の黒ずみも薄くなってきています。

 

あとはやっぱりクリームを塗るだけで黒ずみがケアできるので、私のような子育て中の身にはありがたかったです。

 

アットベリーはぱっと見高いように思えるのですが、1gあたりの値段はそこまで高くありません。

クロキュア アットベリー
内容量 15g 60g
値段 980円 初回2980円
使える期間 2週間 1〜2ヵ月
位置づけ 医薬品 医薬部外品
効果 ひじひざの角化症・ざらざら メラニンによる黒ずみ・におい

 

 

この表を見てみると、実はお高く感じる通販のアットベリーもクロキュアよりも内容量が多いので、1gあたりのコスパはそんなに悪くありません。

 

引用:私が膝の黒ずみにクロキュアを選ばなかった理由!膝の状態を見よう


もし、私と同じく子育て中の人やコスパ重視の人、脇の悩みも同時にケアしたい、という人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

今だけ初回45%OFF!膝の黒ずみをアットベリーでケアする

 

返金保証もしっかりついているので、とりあえず1、2ヵ月試してみるなんて裏技的な買い方もできますよ♪